忍者ブログ
日々の疑問や問題を解決! 問題解決型日記ブログ☆ ー子育て共働きマザーの悩み&工夫テクニックー
スポンサード リンク






忍者カウンター
プロフィール
HN:
egao
性別:
女性
自己紹介:
息子(2009年6月生)娘(2010年11月生)の年子の子育て真っ最中です。
なぜ?何?と思う好奇心を大切にしていきたいと思います(^^)
アクセス解析
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
25
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

複音ハーモニカの習い事がスタートし、やる気満々!

以前、ハーモニカを買った時に、練習用に買った本とCDを読んで復習中。



拍手

 
これは複音ハーモニカの第一人者の佐藤先生の本なので、初級から上級まで読めば、殆どの手にはテクニックはわかるのではないかと思っています。

習い事でテンションが上がったついでに、中級、上級編も買ってみました(^^)
中級からは数字譜だけの曲もあって、まだ読み慣れていない私は目を白黒させてしまいましたが、以下の大石先生の本を読んだら、読み方のコツがつかめたようで読みやすくなりました。
 
ピアノを何年も習ったくせに、普通の楽譜でもスラスラとは読めていないので、数字譜をマスターする方が早いかもしれません。なんせ、吸ったり吹いたりは数字譜の方が分かりやすい! 1、3、5が吹く!というシンプルなルールなので。吹くと吸うさえ間違えなければ、多少位置がずれてもハモって聞こえる感じで曲が吹けた気になるのがハーモニカのいいところだと私は思っています。

この本は、一冊に数字譜と模範演奏曲のCD付きで13曲が入っているのと、ここで曲を聞いてみましょう、などと語り口調で書かれているので、初心者にはとっつきやすくておススメです。大石先生とハーモニカの歩みもよくわかるコラム的な内容も多いので、読み物として楽しみながら、ハーモニカに触れるような本です。

でも、テクニックもベース奏法やオクターブ奏法など比較的中級レベルの内容まで踏み込んであるので、今の私の実力では物足りないという内容ではなく、今のところ十分!

佐藤先生の編曲と、大石先生の編曲を聞き比べてみるのも楽しいかな~と思っています。

頑張って練習しよ~!
PR
Copyright c なぜ?なに?日記 All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]