忍者ブログ
日々の疑問や問題を解決! 問題解決型日記ブログ☆ ー子育て共働きマザーの悩み&工夫テクニックー
スポンサード リンク






忍者カウンター
プロフィール
HN:
egao
性別:
女性
自己紹介:
息子(2009年6月生)娘(2010年11月生)の年子の子育て真っ最中です。
なぜ?何?と思う好奇心を大切にしていきたいと思います(^^)
アクセス解析
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
18
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

そろそろ1歳8カ月になる息子。最近トイレでおしっこやウンチをすることが少しずつできるようになってきました。その気になると、出そうになったらお知らせしてくれて、トイレに一緒に行き、成功!ということもあります。

ここでは、今までの息子のトイレトレーニングの変遷と、その時々にベビーサインがどう変わっていったかをご紹介します。



拍手

トイレトレーニングとベビーサインの変遷
ベビーサインに関するところはピンクで記しています。

1歳前
後追いで、トイレには常についてきていたので、トイレが怖いという概念はこのころから全くありませんでした。このときに、「お母さん、トイレ行ってくるね」と言いながらトイレのベビーサインを見せていました。トイレのサインは親子で楽しむベビーサインのアメリカ手話を参考にしました。

このころからすでに、食後30分以内ぐらい(又は昼寝の後)に毎回気張って便をしていたので、タイミングよく連れて行けばでるのかなあ、と思っていました。便の時は、犬のような格好で思いっきり気張っていたので、補助便座では踏ん張れないので難しそう、と補助便座にもなる3WAYおまるを購入しました。

1歳前後
ウンチの時のおむつ替えの時に、ウンチをトイレに流すときに「ウンチばいばーい」をして、おむつをゴミ箱に捨てるというのがブームに。どうやら保育園でおむつをぽいっと捨てるのをみんなでやっていたため、家でもやるようになった様です。

この頃から、一時期、お母さんのトイレサインをまねて手をふり、「トイレへ行こう」と誘うことがありました。でも、これは尿意や便意からではなくて、トイレへ行って遊びたいから、という感じ。トイレでは紙を流したり、水を流したりするので、遊べるところと認識していたようです。

1歳5か月
保育園で、決まった時間に「おまるに腰掛けタイム」が始まり、お友達と一緒に真似っこしながら仲良く座るように。

1歳6か月

保育園でのおまるでのおしっこに初成功!お昼寝前に変えたおむつが濡れていなかったため、おまるにかけてみたところ、成功したとのことでした。

1歳7カ月
このころから、おむつを部屋で脱がそうとすると逃げ回るようになったため、逃げ回りにくいトイレでおむつ交換をせざるをえなくなりました。でも、トイレトレーニングの意味からいえば、トイレという決まった場所でおむつを替えることが定着したので、とてもよかったと思います。

手を振るトイレサインはいつの間にか消滅していました。

このころのトイレでは背が伸びて自分でトイレの水が流せるようになり、流しまくりでした。トイレットペーパーを入れてみたり、流してみたり。トイレのドアのカギに興味を示してみたり、と立派な遊び場。親の監督下で遊ばせるようにしていました。

ときどき、私が気が向いたら補助便座に座らせてみていましたが、最初は座りたがらなかったので無理じいはしませんでした。試しに、私が補助便座に座って「うーん!」と気張る真似をして「ウンチはここでするんよ~」と見せてみたところ、この「うーん」を面白がっていました。

保育園でおまるに定期的に座っていたせいなのか、家では股に手を当てるおしっこサインをして「おしっこかウンチが出た」のを知らせてくれるようになりました。そのサインをしたらトイレに連れていっておむつ交換、相変わらず「ウンチばいばーい」で水を流すの繰り返しでした。でもおむつはあまり捨ててくれなくなりました。。ちょっと残念。

1歳8カ月
保育園での成功が月に数回になってきました。

自宅では、おむつ交換のときにときどき補助便座に座らせていました。補助便座の取っ手が取れるようになっていたので、それをカポカポはずしたり、はめる穴に興味を示したりして、便座に座ることを嫌がることは減りました。股に手を当てるサインはいつの間にか消滅。。
そうこうしているうちに自宅でもトイレの補助便座でのウンチに初成功「うーん」と気張る真似をしてトイレに誘い、おむつを見たらしていなかったので急いで補助便座に座らせたところ成功しました。
その後、同じ「うーん」の気張るサインでおしっこにも初成功。お風呂ではおしっこを止めたりすることにもチャレンジして遊んでいました。

自宅で成功してからは、保育園でも成功すると本人が嬉しそうにしていたそうです。自分で嬉しく思えると、この先もがんばれそうで親としても嬉しいです(^^)

今後も、前進したり後退したりするんでしょうが、マイペースで見守っていきたいと思います。
ベビーサインもどんどん変化していく様子がとても面白かったです。これからも変わるのか?それとも言葉で教えてくれるのか?この先が楽しみです。

参考になりましたら、クリックお願いします☆
にほんブログ村 子育てブログ トイレトレーニングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ ベビーサイン育児へ
にほんブログ村
 ↑ クリックすると各カテゴリのランキング上位のブログを見ることができます。

PR
Copyright c なぜ?なに?日記 All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]