忍者ブログ
日々の疑問や問題を解決! 問題解決型日記ブログ☆ ー子育て共働きマザーの悩み&工夫テクニックー
スポンサード リンク






忍者カウンター
プロフィール
HN:
egao
性別:
女性
自己紹介:
息子(2009年6月生)娘(2010年11月生)の年子の子育て真っ最中です。
なぜ?何?と思う好奇心を大切にしていきたいと思います(^^)
アクセス解析
カレンダー
12 2019/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
我が家の子供たち(男2歳4か月、女10カ月)は、いつも仲良く遊んだかと思えば、
兄妹喧嘩になって大泣きしたりとにぎやかです。

妹のハイハイ速度が上がり、興味の幅も広がるにつれて、
兄の玩具領域への侵入しだし、それを嫌がる兄、という構図が最も多いですね。

そんな2人の喧嘩を止めるアイテムのひとつが、「手遊び歌」。
これなかなか効くんですよ~^^。
息子は、保育園で手遊び歌、歌やダンスを習ってきて、最近は家でもよく勝手に1人で踊っています。
その中でも、手遊び歌というのは歌単独よりも魅力があるらしく、
家でもよく披露してくれています。

昨日は妹の手をとって「せっせっせー」とやってみていたら、
息子が「お寺の和尚さんだー」と言って食いついてきました。

はて?そんな手遊び歌があったかな?と思いながら、
「せっせっせーのよいよいよい、お寺のおしょうさんが・・」と
歌いだしてみると、驚いたことに続きが口から出てくる出てくる!!

「・・かぼちゃのたねをまきました。
 目~がでて膨らんで、花が咲いてじゃんけんポン!」

いやあ、自分でビックリしました。どうやら私の保育園時代にも
相当やった手遊び歌であるらしく、よどみなくすらすらと出てきました。
おそるべし!幼児期の手遊び歌!!

他にも、先生がオリジナルでふりをつけれくれたものや、
昔ながらの手遊び歌を楽しんでいる様子。
そして手遊び歌は、10か月の娘も大好きで、
本はあんまりじーっとみない時でも、手遊び歌はok!

兄妹ふたりとも静かに見つめてくれるよい遊びの方法です。

ということで、本日図書館で手遊び歌の本を借りてきました。
うたって楽しい手あそび指あそび120
中を見ると、自分が昔やっていた懐かしい手遊び歌も沢山入っていて
嬉しくなりました☆
これでレパートリーを増やすぞ!!



拍手

PR
Copyright c なぜ?なに?日記 All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]