忍者ブログ
日々の疑問や問題を解決! 問題解決型日記ブログ☆ ー子育て共働きマザーの悩み&工夫テクニックー
スポンサード リンク






忍者カウンター
プロフィール
HN:
egao
性別:
女性
自己紹介:
息子(2009年6月生)娘(2010年11月生)の年子の子育て真っ最中です。
なぜ?何?と思う好奇心を大切にしていきたいと思います(^^)
アクセス解析
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
16
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

現在、わが子は幼稚園(認定こども園)の年少さんと年中さん。
認定こども園に入るまでは、社内保育園に通っていました。

以前通っていた保育園と、現在の幼稚園では、方針がまるで違って
最初はかなり驚いたものです。

たとえば、
パンツトレーニング
  (保育園)子供が上手にできるまではおむつで
       (ショックでできなくなることがあるから)
       ⇒ 家ではできているから保育園でもやってほしいんだけど。。
         という感じで腑に落ちなかった。

  (幼稚園)子供は満2歳から布パンツで!
       ⇒ 下の子は、お兄ちゃんよりも1年早くトイレトレーニング
         パンツが濡れても気にしないタイプで、1日濡れパンツ・ズボンセット
         4~6セット洗濯(もう、ドラム式で乾燥までさせないと無理でした!)
         大変だったけど、方針とはしては幼稚園のほうが
         自分(親)には合っていた。
・おはし
  (保育園)キレイに持てるようになるために、箸を早いうちに持たせないでください。
       4歳児以降から練習。
       ⇒ お兄ちゃんは4歳でエジソンのお箸を卒業したため、
         今から思えば違和感あり。
     
  (幼稚園)弁当には箸以外持ってこさせないでください。
       (満2歳児~、エジソンのお箸OK)
       ⇒ エジソンが出てきた時代でよかった。。じゃないと癇癪起こして大変。

などなど。
基本方針がこれほどまでに違うと、
子育て初めての母親というのはかなり戸惑います。

保育園は少人数(最大30人(0~6歳))、幼稚園は大人数(1学年120人)なので
方針に差が出てくるのも、まあそうかなあと今では思うようになりました。

ただ、最初は自分と保育園の先生との「保育の常識」が合いにくくて、
精神的にきつかった時期がありました。

そんな、「保育の常識」について、面白い本があったのでご紹介します。

1章が、特にそうだよね~と思う子供の行動で共感しました。
1 子どもって思うようにいかない!
     机の上に乗っちゃった!
     静かにして!こっちを見て!
     ドアを閉めない、片づけない

などなど。2章、3章は、「幼稚園、保育園の先生って、こういうこと考えているんだな」
という内情がわかって、面白かったです。
(そもそもこの本は保育者むけに書かれているので)

なんだか、保育所、保育園、幼稚園の方針と合わないな~と思ったことがあれば
ぜひ目を通してみると、肩の力が抜けていい感じだと思います。






拍手

PR
Copyright c なぜ?なに?日記 All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]