忍者ブログ
日々の疑問や問題を解決! 問題解決型日記ブログ☆ ー子育て共働きマザーの悩み&工夫テクニックー
スポンサード リンク






忍者カウンター
プロフィール
HN:
egao
性別:
女性
自己紹介:
息子(2009年6月生)娘(2010年11月生)の年子の子育て真っ最中です。
なぜ?何?と思う好奇心を大切にしていきたいと思います(^^)
アクセス解析
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
25
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近、図書館で読んで、もう一度読みたいなと
参考になりそうだった子育て本がいくつかあったので紹介しますね。
この本は、借りたときに参考になるところを
メモしようと思った箇所が多すぎたのと、
子供が小学生くらいになってから発揮できるワザが多かったので、
アマゾンの古本で購入しました☆
アマゾンの古本だと送料入れても文庫本程度の値段になるのが嬉しい!

特にアメリカの子供たちが、どうやって物を分類することを学ぶか、
授業で大量に配られるプリントのファイリングをどう学んで
身につけるか?について書かれていた箇所が、印象的でした。
色んなワザやワークが書いてあるので、とても参考になりそうです。

この作者の高取さんは、結構面白そうな本を沢山出しているみたいなので
もう少しチェックしてみたいと思っています。

この本の作者は、私が昔友達に薦められて読んで、かなり良かった片付け本の作者。
子育て本も、イギリスの子育てのよい部分を参考にあげつつ、
食事のマナーや最低限守ってほしいマナーについてどういうか等
分かりやすく書かれていて、じっくり読みたいなと思われる本になっていました。


この本の作者のリズ山崎さんは、
どうやら自分の母親が感情的に怒る人だったのが原因の一つで
トラウマを抱えてしまった人のようで、
時々文中に分析を交えて体験談が書いてあるのが特徴的。
おそらく幼児期のそういう体験もあって、それを克服して
今はセラピストをやっているという方のようです。
親目線ではなく、子供の目線にそって説明がしてあり、
子供のこういう行動に対して、親がついやってしまうけれど
子供を深く傷つけてしまうようなことはこうですよ。
と具体的に書いてあるのが良かったです。



拍手

PR
Copyright c なぜ?なに?日記 All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]