忍者ブログ
日々の疑問や問題を解決! 問題解決型日記ブログ☆ ー子育て共働きマザーの悩み&工夫テクニックー
スポンサード リンク






忍者カウンター
プロフィール
HN:
egao
性別:
女性
自己紹介:
息子(2009年6月生)娘(2010年11月生)の年子の子育て真っ最中です。
なぜ?何?と思う好奇心を大切にしていきたいと思います(^^)
アクセス解析
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
25
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先月子供(1歳8カ月)を英会話教室の体験に連れて行った後に、教室で気に入っていたABCパズル を買って帰ったら、その日から数週間ブームが続いています。






拍手

遊び方は以下の通り。

①普通のパズルの遊び方。

ピースをはめる。ピースが反対向きの時は「くるくるって回転させるのよ」と教えると「くるっくるっ」と言いながらピースを回してはめています。 最初1週間くらいは各ピースをどこにはめるか、指さして教えていましたがその後は自分でできるようになりました。ちょうど1歳半くらいの時から、家に型はめパズルの玩具で遊びだしたので、形が合うものを穴に合わせてはめることに慣れていたのがよかったようです。

ピースの位置を教える時は、英会話教室の先生がやっていたように「A for Apple」と言いながらやってみています。

②アルファベットのピースをとにかく「穴」を見つけたら入れる。

家のいろんなところにピースが散乱して、親としては大変なのですが、本棚の隙間や他の玩具の穴などのいろんな穴を見つけて入れる姿はとても楽しそう。。 1ピースだけないとイライラしちゃうのが辛いところですが(笑)

パズルのピースをきちんとはめて飾っておいておいたほうが遊ぶ意欲がわくようなので、毎回ピースを探してはめております。

③ABCの歌に合わせて、パズルを指さして歌う。

 たまたま私が、えいごのうた&ダンスえほん の中のABCの歌に合わせて、パズルのアルファベットを指さして歌ってみたところ、大ウケして、それからしばらくはABCの歌を歌う時はパズルを持ってくるようになりました。

数週間集中して遊んでいたせいか、D、E、などは見つけると「D」「E」というようになりました。
こんなに早く読めるなら、ひらがなパズルの方が良かったかしら??と思ったほどです(笑)でもひらがなは文字数が多いからパズルをはめるのに時間がかかりそうなのが難点。
ただ,アルファベット読みって、英語を読むのに直結するわけではないので、フォニックス読みもした方がいいのかなあ??などと思っているところです。
PR
Copyright c なぜ?なに?日記 All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]