忍者ブログ
日々の疑問や問題を解決! 問題解決型日記ブログ☆ ー子育て共働きマザーの悩み&工夫テクニックー
スポンサード リンク






忍者カウンター
プロフィール
HN:
egao
性別:
女性
自己紹介:
息子(2009年6月生)娘(2010年11月生)の年子の子育て真っ最中です。
なぜ?何?と思う好奇心を大切にしていきたいと思います(^^)
アクセス解析
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
22
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

iPadをついに買いました!(ネットで購入)

色々と検討していましたが、容量はNASで解決することにして、一番容量の少なくて安いWi-Fiモデルを選択。iPad自体は、在庫十分でいろんなお店で取り扱っていたので、価格.comで安いところを探して購入できました。ついでに液晶保護フィルムもおまけでつけてくれるようで楽しみです。

それと同時に、カバーケースも買わなくては!とiPadカバーケースを探しました。なんせ、1歳すぎのわんぱくさんがいるので、本体を保護するカバーは必須です。どんなカバーケースがあるのかよくわからなかったので、店舗に行ったり、ネットで調べたりしてみました。



拍手

<本体にはめて、液晶以外を保護するカバーケース>
やわらかめのプラスチックでiPadの側面と底面をカバーするタイプ。
【メリット】
滑りにくくなり、落としにくくなる。重さが軽くてすむので持ち運びしやすい。
【デメリット】
液晶部分を保護するすべがないので、鞄にいれて持ち歩いたりする場合は、
パソコン保護ケースのような全体を保護できるケースがあった方がよい。
iPad自体を立てて使いたいときに、ほかのケースに入れようとする場合
プラスチックカバーを外さないと入らないこともある。

<本体液晶以外のみを保護するカバーケース>
Appleがオプション品でだしているのがこのタイプ。システム手帳ののカバーのような形で本体を保護すると同時に、パカパカと開け閉めできる扉が付いている。プラスチック製、革製など素材は色々。
【メリット】
このカバーひとつで鞄に入れて持ち歩きが可能。種類によっては、カバーの構造が工夫されていて、iPadを横向き、縦向きに自立させることができて、動画観賞などに便利。
【デメリット】
カバー部分が増えるので、どうしても重くなる。

おおよそ、以上の2種類に分類されるようです。
私は、iPadを立てて置けて、液晶部分の保護も可能な後者のタイプを選びました。
革製でデザインもよさそうなものがあったので購入!

iPad、フィルム、カバーケースともに届くのが楽しみ~!
PR
Copyright c なぜ?なに?日記 All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]